DELL から XPS 13-9360 プラチナハイエンド が届いた(設定と性能確認)

開封の儀も終わり無事起動完了しましたので早速設定確認してみます。

まずは画面表示100%のままです、流石3200×1800では、何をするにしても見えづらい(ナゼワカッテテカッタンダヨオイw)

ブラウザー画面がたっぷり見えますが読めないな(*´ω`*)

推奨は250%ですがここは200%で設定します、そうです VAIO Z の解像度相当だなw

売りの一つ狭額縁です、こうやって写真で見ると黒枠広そうに見えますが十分に狭いです

Dellの店頭で対応してくれたお兄ちゃんは微妙かもと言ってましたがCreators Update 済みでした♪

設定って画面サイズ指定しただけだったw、では性能確認に

SSDはCrystalDiskMarkで計測です、ドライブは分割していないまま送られてきたのでまぁSSDだから分割無しでそのまま使います(ドライブブンカツガメンドクサカッタカドウカハヒミツデアル)

Anturu Benchmark ではスコアが30万代に乗りました

ドラクエベンチ 1280×720 でスコア1万に届いて欲しかったなぁ

同じく 1920×1080 でも快適の判定でした

ベンチマーク稼働中当たり前ですが 1920×1080 でもフルサイズにならない、この為だけに  QHD モデル買ったようなものかもw

3DMARK の各スコアです、やはり FireStrick ではカクカクな動きでした

そして先日同じFuturemark社のPC Mark 10がリリースされたので早速導入してみましたが・・・

映像の再生が出来ずに、エラー頻発でスコア0でした、何度かトライして再生ボタンを押すと何とか動き出したw

オレンジのリングが途中までなのは、やっぱりちゃんと動いていないのかなぁ

中途半端でしたが、トラブル回避の方法もわからず、かと言って PC Mark 8 を入れ直すモチベーションも無く性能確認を終了とします。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

Teclast X98 Plus II で Bluetooth Keyboard を利用してみる
古くからの McAfee ユーザーは DELL 商品購入時には注意が必要なようだ
Teclast X98 Plus II で充電調達方法を考えた(勢い付けて蛇足編)
GEARBESTからTeclast X98 Plus II 2 in 1 Tablet PCが届いた(開封の儀)
返金してもらいました (Turbo VideoCutter and TurboVideoStabilizer)
DELL XPS 13-9360 プラチナハイエンド・QHD+タッチパネル を調べてみた(やまのいぬ ノートパソコン新調に心が動く その3)
DELL から XPS 13-9360 プラチナハイエンド が届いた(開封の儀)
noimage
Teclast X98 Plus II で使ってみて良かった100均グッズ
Teclast X98 Plus IIのWindows復旧に失敗してお亡くなりになる
凄いぞ、ターボビデオシリーズ(Turbo VideoCutter and TurboVideoStabilizer)
Windws 10 の自動調光を制御方法(VAIO Zの場合)
Windows10 Anniversary Update(バージョン:1607)されたら問題が発生した
Teclast X98 Plus II で充電調達方法を考えた(AC-DCアダプタ調達編)
Cube i9 の「install shield 1155」エラー 対処方法

Menu

HOME

TOP